赤ちゃんのニューボーンフォトはいつまで?1ヶ月過ぎても大丈夫?

ニューボーンフォト

赤ちゃんのニューボーンフォト、最近はSNSにもアップされていて、見ているだけでも癒されますよね。我が子が赤ちゃんだった頃,10年以上前になりますが,そのときはニューボーンフォトはというものは聞いたことなかった気がします。

どうやら海外で人気だったニューボーンフォトが日本でも最近浸透してきたようです。そこでここでは赤ちゃんのニューボーンフォトについて紹介したいと思います。また、ニューボーンフォトの撮影時期などについてご紹介しますのでニューボーンフォトをお考えの人は参考にしてみてください。

目次

赤ちゃんのニューボーンフォトはいつまでに予約?

ニューボーン

まず気になるのがニューボーンフォトの予約はいつするべき?ということではないでしょうか。正確にはいつまでに予約をすれば良いの?ということですよね。

生まれる前からなのか、生まれてからなのか。生まれる前だと,産後の赤ちゃんの様子はわかりませんし、ママの体調もどうかわかりません。また、生まれてからだと、例えば来週といってすぐ予約ってできるもの?という疑問もあると思います。

色々写真館などの情報を集約すると、出産予定日から計算して撮影日の仮予約をするところが多いようです。

出産日が予め決まっている場合は、

  • そこから2週間以内での予約
  • 自然分娩の場合は予定日から10日後くらいでの予約

が多いそうです。

予約をして、それまでに撮影などに関する打ち合わせを行い、準備を進めていきます。そして、出産報告を受けてから撮影日が確定する様です。

撮影の打ち合わせも、産後はなかなか思うように時間が取れなかったり、ママが大変なこともあるので、出産前にある程度希望のやり取りをしておくことで、撮影当日スムーズに進行するとのことですよ。

ニューボーンフォトとは?

ニューボーンフォト

そもそもニューボーンフォトって?と思う方もいるのではないのでしょうか。赤ちゃんの写真なら一日中撮っていられますよね。毎日毎日表情に変化があったりしますもんね^^

カメラマンさんに撮ってもらうのがニューボーンフォト?なんて恥ずかしながら昔思っていたのは私です^^;

ニューボーンフォトのそのままの意味は、

「新生児期に撮影する赤ちゃんの記念写真」

だからですね。

でも、SNSで見ているとなにやらかわいらしい衣装やグッズに囲まれて、不思議なポーズで撮影されたものが多いのです。え、どうなってるの?って思うくらい神秘的なポーズであったり、赤ちゃんって泣くものじゃなないの?と思うのですが、寝ている赤ちゃんも多く、微笑んでいたりもします。

元々ニューボンフォトの由来は、ヨーロッパやアメリカで家族や知人に出産報告をするため生まれたての赤ちゃんの写真を添えたハガキを送る習慣があったそうです。

これがニューボーンフォトの由来。

日本では新生児の間にしかできない姿で残すこのニューボーンフォトが人気の様ですね。

赤ちゃんってびっくりするぐらい柔らかくてぐにゃぐにゃじゃないですか?この時期だからこそできるポーズがあるために、新生児期の撮影人気が高まっているそうです。また、生後すぐの赤ちゃんは寝ている時間が長いので撮影しやすいという点もあるそうです。

ニューボーンフォトの撮影で注意点は?

ニューボーンフォト

生まれたての赤ちゃんはまだまだ柔らかく、色々なポージングができますが、それが赤ちゃんにとって危険な場合もあります。かわいいからといっても無理な体勢は赤ちゃんに危険ですからね。

ニューボーンフォトは専門のカメラマンさんにお願いすることが一般的です。その理由として専門のカメラマンさんは、

  • 安全面
  • 衛生面
  • 温度管理
  • 新生児に負担のかからないポージング等

産科病院の指導のもと、研修を受けている方が多いからです。

そのため、セルフでSNSなどの真似をして撮影しようとすることはオススメできないとプロのカメラマンさんはおっしゃっています。

ニューボーンフォトは合成を行っている場合も少なくないので、実際に素人がそのポーズをさせると赤ちゃんにケガをさせることもあるのです。また、赤ちゃんのその日の体調によって、うつ伏せができないこともあるのです。

最悪の場合、障害が残ってしまうという可能性があるとのことで、ここは本当に注意が必要ですね。

さらに生まれたての赤ちゃんは抵抗力が弱いので、プロにお願いしていても、そこでの使いまわしの小物類などは良くありません。きちんとその都度消毒が行われているか確認する様にしたいものです。また、感染症が流行っている時期はスタジオ撮影を避け、出張撮影を選択するのもオススメですよ。

ニューボーンフォトのおすすめの時期は?

ニューボーン

一般的には、生後3週間までが撮影のベストタイミングとされています。この時期にしか見ることのできない貴重な姿を残せますからね。

赤ちゃんが生まれた後はバタバタと毎日が過ぎてしまいますし、赤ちゃん自身の成長もとても早いのです。そのため、生後3週間以内がベスト、時期的にはお七夜とお宮参りの間ということになりますね。

では1ヶ月を過ぎると撮影できないの?と言われると、1ヶ月を過ぎても撮影はもちろん可能です。ただ、ニューボーンフォトというよりは、ベビーフォトと呼ばれるようになるそうです。また,新生児期の柔らかい感じが残しにくいという話もあります。

成長の記念として残すなら、2週間以内がオススメだそうです。2週間を過ぎると関節が固くなってくると言うのも理由にあるみたいですね。

まとめ

ニューボーンフォト、知っていれば残しておきたかったなという気持ちもありますが、スマホに大量の写真があるのでそれはそれでいい思い出です^^

ニューボーンフォトは生後できるだけ早い時期が独特の写真を残せるのですが、大切なのは赤ちゃんとママの体調です。無理して急いで撮影して、その後体調を崩しても良くないですからね。

プロのカメラマンさんとしっかり打ち合わせをして素敵な記録を残すことができると良いですね。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる