マタニティマークはどこでもらえる?いつもらえるの?

マタニティマーク

妊婦さんのバックを見るとたまに目にするマタニティマーク。ハート型の可愛らしいマークでそのマークを見るだけでその女性が妊婦さんであることを認識できます。

このマタニティマークはどこでもらえるのか知っていますか?妊娠したけどどこで配布されているのか分からない方も多くいるのではないでしょうか。

そこでここではマタニティマークがいつ、どこでもらえるのかなどについて分かりやすくご紹介したいと思います。

目次

マタニティマークとは?

マタニティマーク

マタニティマークとは2006年に厚生労働省が発表した妊婦さんのためのマークになり、その目的は女性が妊婦であることを周囲に知ってもらうことにあります。

女性がマタニティマークを付けている事で、

  • 緊急時でも女性が妊婦であることを知らせることができる
  • 公共機関でも周囲の方が配慮しやすくなる

などの効果を期待しています。

妊娠初期の場合、腹部もそれほど大きく膨らんでいませんので、人によっては妊娠しているかどうかも分かりにくい場合がありますよね。

そんな時でもマタニティマークを身につけていることで、本人が何も言わずとも女性が妊娠中であることを自然に周囲にアピールできますので非常に便利なのです。

実際に2006年から使用が開始されていますが、約7割の妊婦の方が利用していたという全国の統計が出ていますので、ぜひ妊娠後には自衛の意味も含めて身につけたいマークです。

そんなマタニティマークですが、一体いつもらえるのでしょうか。

マタニティマークはいつからどこで?

妊娠届出書

マタニティマークはいつもらえるという明確に決められているマークではありません。そのため人によっては妊娠2ヶ月頃、3ヶ月頃などバラバラです。

ただ、妊娠初期はつわりや貧血など、体調不良をきたす場合も多いので早めに付けている方が多い印象を受けます。

ちなみにマタニティマークは自治体や首都圏の駅、空港などでももらうことが出来ます。

自治体でもらう

マタニティマークは住民登録している市区町村へ妊娠届出書を提出することによって、母子手帳と一緒に交付されます。

このマタニティマークですが交付する地方自治体によって色・形も違ってくるようです。

基本的には厚生労働省のデザインがベースになっているようですので、自治体によってアレンジされているといった感じですね。

出典元:厚生労働省

首都圏の駅、空港での無料配布

東京などの首都圏では駅や空港でも配布されています。

私鉄の各駅の役務室へ赴き「マタニティマークをいただけますか」と声かけすることで無料配布してもらうことが出来ます。ただ、対象の私鉄と駅が決まっているので駅でもらいたい場合は事前にチェックするようにしましょう。

社局名マタニティマークを配布している駅名
江ノ島電鉄株式会社藤沢駅・鎌倉駅
小田急電鉄株式会社全駅
京王電鉄株式会社全駅
京成電鉄株式会社全駅
京浜急行電鉄株式会社全駅
埼玉高速鉄道株式会社全駅
相模鉄道株式会社全駅
新京成電鉄株式会社全駅
西武鉄道株式会社全駅(無人駅・委託駅を除く)
東京急行電鉄株式会社全駅(こどもの国線及び世田谷線の無人駅を除く)
東京都交通局全駅(無人駅を除く)
東京地下鉄株式会社全駅
東武鉄道株式会社全駅(無人駅・委託駅を除く)
東葉高速鉄道株式会社北習志野駅・東葉勝田台駅
箱根登山鉄道株式会社箱根湯本駅・強羅駅
北総鉄道株式会社全駅
横浜高速鉄道株式会社全駅
横浜市交通局全駅
横浜新都市交通新杉田駅・並木中央駅・金沢八景駅
引用元:ベビーカレンダー

出典元:厚生労働省

マタニティマークの注意点

譲り合い

妊婦さんにとっては便利なマタニティマークですが、その反面マタニティマークに対してネガティブな印象を持っている人がいるのも事実です。

マタニティマークを付けていることで、

  • 不快な言葉を言われた
  • 見ず知らずの人にぶつかられた

など嫌な経験をしたという方も実際いらっしゃいます。妊娠はとても素晴らしいことですが、人によってはマタニティマークが妊娠自慢だと思ってしまう人もいるようです。

ただその反面、マタニティマークを見た人から優しい言葉や思いやりある言葉をかけて頂いたなどの報告も数多くあります。

マタニティマークに関しては色んな所見がありますが、マタニティマーク自体は妊婦さんにとって、とてもメリットの多いマークです。

妊娠中はいつどこで何が起こるかも分かりませんので、身の安全のためにもマタニティマーク、母子手帳は携帯したいものですね。

まとめ

マタニティマークは妊婦さんのためのマークです。

公共機関を利用する機会が多い場合、身につけることで周知を促す事もできますのでぜひ積極的に身につけられてみてはいかがでしょうか。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる