東京乳母車プスプスがかわいい!私の考えるメリット・デメリット

東京乳母車プスプス

「私たちの実体験から生まれた乳母車です。」をコンセプトに人気上昇中の東京乳母車のプスプス。

芸能人の双子ママさん(杏さん)も使っていた事もあり、育児中のお母さんの中には聞いた事あるという方も多いのではないでしょうか。

プスプスは双子や三つ子を育児中の方にもおすすめできる乳母車だと思います。

そこでここでは私の考えるプスプスのメリット・デメリットを元にプスプスについて色々紹介したいと思います。

今検討されている方の参考に少しでもなれれば幸いです。

目次

双子・三つ子にとって憧れのかわいいプスプス

プスプス
出典元:https://babycar.co.jp/concept/index.html

プスプスはベビーカーと違いベルトを締め付ける事もありませんので、赤ちゃんにとって居心地が良くストレスを感じる事もありません。

もちろん乳母車ですので、赤ちゃんを乗せてお散歩する事もできます。

ちなみに我が家では購入を断念しましたが、プスプスを実際に使っているママさんにお願いして双子を乗せてもらったことがありますが、双子たちは大喜びでしたよ。

広々としたバスケット内で底もフラットなのでしっかりと横になることができますので、4ヶ月くらいまででしたら二人並んで寝る事もできます。

まるで赤ちゃんの部屋の様な感覚で…。

そんな経験を踏まえて私なりにプスプスのメリット・デメリットを考えてみました。

私の考えるプスプスのメリット・デメリット

メリットデメリット

プスプスのメリット

  • ベルトをしなくて良い
  • フラットに寝かせることができる
  • そのままオムツ替えをする事もできる
  • 車輪を外せるので室内でも使用可能
  • 乗せる時、ベルトの付け外しがなくラク
  • ベビーカーと比べるとバスケットの中で多少は動けるので赤ちゃんの機嫌が良い
  • 双子なら二人で向き合って遊ぶ事もできる(子供たち)
  • バスケット内でおもちゃを使って遊べる(落とす心配もない)
  • フェンスガードを付けると立ち上がる事もできるので長く使えそう

赤ちゃんを育児してるとわかるのですが、ベビーカーは安全のためにベルトを付けたり外したりと色々な手間があります。

その手間がないのは親としても嬉しいですよね。ただ、デメリットもあると思います。

プスプスのデメリット

  • とにかく目立つし注目を浴びる(話しかけられる)
  • 電車などに乗りづらい
  • お店などは通路の広いところに限られる
  • 車への積み込みが大変
  • 家の玄関に置くスペースが必要
  • バスケットなので折り畳みができない
  • 価格が高い(これが一番のネックかも)

私がプスプスを検討した理由

双子

双子が成長するにあたってベビーカーから抜け出したがるようになったのが検討の一番の理由です。

この頃の子供は動き出したら大変で我が家の双子もベビーカーから抜け出そうと抜け出そうと大変でした。

プスプスだとフェンスガードもつけることが出来ますので立ち上がる事もできますし、多少動く事もできるので検討した時期がありました。

当時プスプスを断念した理由

  • 玄関に置くスペースがなかった(たためないため)
  • 双子が活発&運動神経が良すぎてガードがあっても抜け出しそうだった
  • 値段が高めである

こんな理由もあって当時はプスプスの購入を断念しました。

そんなプスプスですがコンセプトはもちろん商品自体とても良いものです。

東京乳母車プスプスの魅力

ぷすぷす
出典元:https://babycar.co.jp/concept/philosophy-1/
  • バスケットは車輪から外して車に乗せることができる
  • 駅の改札を通れる(電車に乗るととても目立ちます)
  • 高額商品ですが人気もあり状態が良ければ中古でも売れます
  • 公式サイトでレンタルの紹介もあるのでお試しもありかも(月1万弱)

東京乳母車ではレンタルやリユースも行っているので、気軽に試したり購入できるのも魅力です。

レンタル

プスプスディズニーでミッキーマウスの顔のあしらいがあるものや、不思議の国のアリスなど色々なシリーズが用意されています。

しかし、オプションなどは本体価格にプラスされていきますので、トータルの値段を考慮する必要があります。

まとめ

今回は東京乳母車のプスプスについて紹介しました。

双子・三つ子を育児中の方はベビーカーの手間が色々大変だと思いますが、プスプスなら解決できる部分もあるかもしれません。

人によってメリットデメリットは違うと思いますが、もしかすると今のあなたにプスプスが役に立ってくれるかもしれません。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる